就業規則 of かねくら社会保険労務士行政書士事務所

大阪 西宮 神戸 尼崎 兵庫 京都 奈良 滋賀の社会保険労務士 行政書士|労働者派遣 有料職業紹介 給与計算 会社設立 就業規則 社会保険 化粧品 建設業 産業廃棄物

就業規則

sv2.jpg
「就業規則」、それは会社のルールブックとしての役割を担っています。
だけど就業規則を作成してしまうと、会社にとって不利になると思っている方が以外に多いのではないでしょうか?
でも、就業規則を作成していないとしても、労働者は労働法令で認められている最低保障部分全てを保障されています。
よって、作成しなくても作成していてもその最低保障部分から逃れることはできません。

ここでみなさんに知っていただきたいのは、実は就業規則には任意決定事項が多いということです!

これを活用して、認めるべき最低保障部分は認めて、任意決定事項についてしっかりと会社のルールを決めませんか。

また、今の時代、労使紛争が多発し、モンスター社員、メンタルヘルス、過重労働、未払い残業代、名ばかり管理職、偽装請負なども大きな社会問題となっています。

就業規則が会社のルールブックとしての果たす役割は労務の経営戦略として、ますます重要になってくることでしょう。

就業規則作成のポイント

就業規則(オリジナルルールブック)を作成しませんか?

作成する際に最も重要な点は、次の点をイメージしながらルールに沿ったものにしていくことです。
1.今の会社の実態、手続きの流れに合っているか?
2.会社独自のルールを明文化できているか?
3.会社が「従業員に伝えたい!」ことを網羅できているか?
4.実際にさまざまな事例が起きたときを想像する

つまり100社100通りの可能性があり、決まりきったことを記載するという先入観を捨てて、起こりうるいろいろな事態を想定して、じっくりと考えていきます。

実態と合っていない、また例外的なことが起こったときに対応できない規則では困りますし、かえって労務トラブルを抱える要因にもなりかねません。
結局そんな就業規則は、不要の産物です。

また、就業規則には必ず記載しなければいけないことがあります

就業規則に必ず記載しておく絶対的必要記載事項と労働者に適用する定めがある場合には記載しなければならないという相対的必要記載事項の定めがありますので、それに従います。絶対的必要記載事項とは、就業規則を作るときには必ず記載しなければならないもの、相対的必要記載事項とは、その会社において社員に適用される事柄であれば記載しなければならないことです。

具体的にはこうなっています。

【絶対的必要記載事項】
1.労働契約の期間に関する事項、始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇、交代制を導入していれば、その勤務の交代時間と順序
2.賃金の決定、計算及び支払の方法、賃金締切及び支払の時期、昇給に関する事項(賞与等臨時の賃金を除きます)
3.退職に関する事項(解雇事由を含みます)平成16年1月改正

【相対的必要記載事項】
1.退職手当を適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払の方法、支払時期
2.賞与等臨時の賃金、最低賃金に関する事項
3.労働者に負担させる食費、作業用品等に関する事項
4.安全、衛生に関する事項
5.職業訓練に関する事項
6.災害補償及び業務外の傷病扶助に関する事項
7.表彰及び制裁の種類や程度に関する事項
8.労働者すべてに適用される定めに関する事項

私どもがお手伝いするときは、内容はもちろん、表現そのものにも注意を払い、全条文を検討していきます。

プランと料金表

下記は、プラン別の料金表となっています。
料金表をベースとして、内容により詳細にお見積させていただきます。
これ以外にもご要望あれば、詳細にお見積させていただきます。
消費税は別途発生いたします。


 

商品名

内容 期間 費用

社労士診断プラン

就業規則の診断

労働法令抵触部分を書面で通知

会社のリスク部分を書面で通知

1ヶ月程度

 
50,000円~

(規則の内容、規程数による)

 

社労士アドバイスプラン

社労士診断プラン+①②

①労働法令抵触改定アドバイス

②会社のリスク部分改定アドバイス

*御社で改定作業を行います。

1ヶ月~2ヶ月程度

100,000円~

(規則の内容、規程数による)

社労士改定プラン

社労士アドバイスプラン+③

③改定作業
(面談打合せ・メール・電話等で)

*私どもで改定作業を行います。 

1ヶ月~3ヶ月程度

150,000円~

(規則の内容、規程数による)

社労士基本サポートプラン


 就業規則の新規作成
(面談打合せ・メール・電話等で)

*私どもで作成作業を行います。 
 

 2ヶ月~3ヶ月程度

 200,000円~

(規則内容、規程数による)

社労士完全サポートプラン


社労士基本サポートプラン+④⑤

④従業員説明会の実施

⑤アフターサポート3ヶ月
 

  3ヶ月程度

 250,000円~

(規則内容、規程数による)







お問合せ先

お問合せ依頼は⇒LinkIconこちら